同時進行が苦手な「特性」

発達障害の特性を持つ人々は、社会性に欠け、物事を判断する上で「適当な加減」がわからないなどとも言われております。たとえばお料理中に、「塩加減は適当に」などといったフレーズの支持が出された場合、その「適当さ」がイメージできないのだそうです。ある程度の調理経験のある人であれば、「適当な塩加減」というのは、味見をしながら、少しずつ塩を加えてちょうど良いところが、まさに「適当な塩加減」であるということが理解できますが、発達障害の特性を持つ人々は相手の言葉をそのままストレートに受け取ってしまう傾向がありますので、何か物事を伝える時には、分かりやすく具体的に伝えてあげることでコミュニケーションが円滑に進むようです。またお料理などに関しましては、お湯を沸かしたり、お野菜やお肉をカットしたり、お魚を下ごしらえしたりと、様々な食材を扱うなかで、同時に何工程もの物事が進むことがありますが、特性を持つ人々の中には、同時進行としていくつかの物事に取り掛かることができない人々がいるようです。