発達障害と成長期

発達障害を持つ子どもたちの中には、集団行動が苦手であったり、周囲との協調性を持つことを苦手とするような子供達もいるのですが、驚異的な記憶力を持っていたり独特な感性でユニークな発想を持っているような子供達もいるようです。最近では、メディアなどで発達障害の特集などが行われ、社会における認知度も、高まってはおりますが、まだまだその詳細は分からない部分も多いようです。発達障害は、脳の機能の一部などに障害を持っていることが独特な特性や個性を生み出しているなどと言われていますが、発達障害を持った子供たちが幼少期に、集団生活の中などでどのようなサポートを受けることができるのか、といったような周囲の働きかけによって、その成長過程や発達状況が変化してくることもあるようです。一般的な考えの中に当てはまりにくい、彼らの行動をきちんと見極め、寄り添えるような大人たちの存在が、何よりも大切であるようです。正しく発達障害を理解し、彼らの個人々の個性に寄り添う事ができることが、サポートを行う側に求められてくるのではないでしょうか。