感覚は人それぞれ

発達障害を持つ子供たちが、独特でユニークな感性や感覚を持っているということが、最近の研究でわかってきているようです。彼らは、脳の一部の機能に障害を持っているため、一般的に考えられているような、感覚や感性を持って物事を捉えていないようです。その独特な感覚が、時としてコントロールを失ってしまったり、常識的なルールを押し付けられることによって混乱を招き、攻撃的な態度をとってしまうというようなこともあるようです。発達障害を抱えている子供たちの中では、このような内面の葛藤があるようで、そのようなことに気づきづらいことから、社会的には問題行動を起こす子供、といったような、捉え方をされてしまうことも少なくないようです。彼らの脳の障害による、情報処理能力の問題が、何かしらユニークな独創性のある行動を生み出しているのではないかと考えられていますが、幼少期にそのような問題行動の中で、怒られたり叱られたりすることが続くことで、自信のない子供に育ちがちだなどとも言われています。