最適な対処法をみつけるヒント

各地域に設置されている発達障害支援センターなどは、一般的には、まだその認知度は十分ではないかもしれませんが、各分野のエキスパートたちが、様々な観点から子供達の「特性」や「障害」を分析し、ご家庭での生活もありがたや、学校での学習における相談などが受け入れられているようです。子供達の発達障害においては、学校の先生方が、通常の多忙な業務に追われていることもあり、多くのことに手が回らないことなどもありますから、児童心理カウンセリングや医療なども含め、各種の専門家達に、相談を持ちかけることで様々な情報を得る中で、子供たちにとっての最適な対処法をみつけていくのが良いのではないでしょうか。「発達障害」を持つ子どもたちに関しては、必ずしも医療機関の診断は、必要ではないと言われていますが、子供たちの将来を見据えた支援を行っていく中では、一度専門的な医療機関などで、問診などを受けてみることも良いかもしれません。そのような場合は、一般的には、児童精神科や小児科などの受診になるようです。