想像力をふくらませて

発達障害を持つ子供達は、「冗談」や「例え話」が通じないことがあるようです。発達障害を持つ子供たちに、ご冗談を言ったら急に怒り出してしまったというような場面が多く見受けられるようです。彼らは、相手の言葉に対する、「想像力」などが乏しいことがあり、冗談や例え話が、ストレートに伝達されてしまうことがあるようです。彼らを、サポートするために、何か伝達する時には、例え話を用いて伝達するのではなく、ストレートに分かりやすく伝えることが、何よりも彼らにとっては、わかりやすくコミュニケーションを取れるようです。また、その冗談や、例え話の中で、彼らが理解した事柄を、そのまま行動に移し、周囲を驚かせてしまうようなことも集団行動の中などでは多々、起こりうることなのだそうです。想像する力が乏しかったり、イメージする力が、不足していることは、様々場の状況を読み取る上で周囲とのズレを生み出してしまってもいるようです。