片付けができない人たち

ADHD の特性を持つ人が日常生活の中で片付けが苦手であるのは、 ADHD の人は、目の前に見えたものや脳裏に浮かんだことに一瞬で気を取られてしまうことが多く、実際に自分自身が何をしていたのかが分からなくなってしまう傾向があるようです。

皆さんもふと、「今、一体何をしていたのだっけ?」というような狐につままれるように、今真っ先に考えていた物事をふと忘れてしまうことなどがあると思われますが、ADHD の特性を持つ人々は、たった今考えていたことが目の前で気を取られてしまったことに一瞬で塗り替えられてしまう特性を持っている人たちなのです。

このような特性を持っている人たちの多く、が日常生活の中で整理整頓ができなかったり、片付けを苦手としているようです。