バリアフリーな社会的支援を考える

発達障害は生まれながらの脳機能障害とも言われ、その「特性」は改善することがないなどといったような専門家たちもいるようですが、最近では薬物治療などを行いながら、周囲の人々彼らのサポートを受けることによって、その「特性」が日常生活の中で問題視されないような状況に至る人々もいるようです。また発達障害の「特性」が、それぞれのパーソナリティにみられたとしても生活上に支障がない場合は、治療や支援は必要とされないのではないかなどといったような事柄が述べられてもいるようです。最近では薬物治療などが、クローズアップされておりますが、その他にも心理療法などカウンセラーによる対処法などが、発達障害の特性の症状を和らげるなどとも言われているそうです。発達障害の特性を持つ人々は、学校や職場などの集団生活の中でトラブルを抱えやすく、1つの問題がキッカケとなって、本人のパーソナリティな部分を追い込んでしまうこともあるようです。皆さんの周囲にも「特性」を持った人々が SOS の信号を出して様子が伺えるような時は、落ち着いた言葉と態度で助けが必要であるかどうかなどを尋ねてみましょう。今後、日本国内において様々な障害に対する、社会的な支援の輪が広ががることがバリアフリーのなかでの共存として課題となってくるでしょう。